三四郎 夏目漱石(13)

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は夏目漱石の「三四郎」その(13)を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
今回で三四郎は完結です。もはやネタバレになってしまうので、これからはじめて読んでゆく予定の方は、紹介文をぜったいに読まないでください。本作はここで全文読めます。ブックマークにでも登録してみてください。
 
 
第十三章はほんの数ページで完結します。わずか3ページたらずです。
 
 
原口さんが美禰子を描いた絵画が、ついに完成した。もはや美禰子からははるかに遠のいてしまった三四郎は、展覧会場で、それをみる。題名は「森の女」で……森というと、ぼくはダンテ『神曲』の冒頭における以下の記述を思いだします。
 
 
われ正路を失ひ、人生の覊旅半にあたりてとある暗き林のなかにありき
あゝ荒れあらびわけ入りがたきこの林のさま語ることいかに難いかな、恐れを追思にあらたにし
いたみをあたふること死に劣らじ、されどわがかしこに享けしさいはひをあげつらはんため、わがかしこにみし凡ての事を語らん
 
 
三四郎は、このタイトルは、美禰子に相応しくない、と考える。そうして美禰子が告げた、「ストレイ・シープ(迷える子)」という言葉を、くりかえし心のうちでつぶやくのでした。
 
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/center/sanshiro_souseki13.html
(約10頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 
 
 




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ☆名作選





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です