智恵子抄(4) 高村光太郎

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は高村光太郎の『智恵子抄』その4を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
古い文学の魅力は、自然界への描写が、現代とくらべて緻密だということだと思うんですけど、今回の詩はとても伝統的な、自然と思潮のことが描かれています。
 
 
ゲーテはかつてヘーゲルに対して、先進の弁証法という哲学を広めて悪用されるような事態に陥るよりかは、自然界について研究したほうがはるかに良い、という忠告をしたことがあるそうなんです……。あのー、あんまり関係無い話なんですけど、ぼくの住んでいる町は洪水にやられやすい町で、それで川の上流には豊かな森があるんです。この森は大水を吸いこむ、貯水タンクの役割を担っているわけで、この森が都市開発でもし削られてしまうようなことがあると、ぼくの住み家はいずれ洪水にやられてしまう、というわけなんです。
 
 
高村光太郎の、この詩の言葉が印象に残りました。
 
 
いけない、いけない
静かにしてゐる此の水に手を触れてはいけない
まして石を投げ込んではいけない
一滴の水の微顫も
無益な千万の波動をつひやすのだ
水の静けさを貴んで
静寂のあたひを量らなければいけない
 
…………
……
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/center/chiekosho04.html
(約1頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ○名作選





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です