笑い 寺田寅彦

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は寺田寅彦の「笑い」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
これは寺田寅彦が、幼い頃の笑いの経験をいくつかひもとき、とくに体がくすぐったかったり緊張と緩和の位置関係がおかしいときに、笑うところを描写しつつ、それをもとに、どういう現象が起きると笑うのかを、論理的に思索している随筆です。
 
 
寺田寅彦はそもそも東大(旧帝大)の物理学者で、随筆は副業のようなものだったわけなんですが、小説家の文体とは明らかに異なる簡潔な筆記でありながら、その観察眼の鋭さはもう、歴史的作家を凌ぐこの、徹底ぶりがあって、感覚の再現度とでもいうんでしょうか、リアリティーというか、文章に引き込む力がとんでもないわけなんですけど、今回の随筆の前半部分を読んでいて、言葉だけで、こんなにリアルにものごとを書けるのか! と衝撃を受けました。後半はそれを元に、笑いの仕組みを検討しています。
 
 
寺田寅彦が伝えようとしていることよりも、その文章力の秀逸さに舌を巻きました。私小説とか、随筆が好きだという方は、ぜひちょっと読んでみてください。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/center/warai_teradatorahiko.html
(約10頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 
 
 




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ○名作選





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です