先生の眼玉に 夢野久作

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は夢野久作の「先生の眼玉に」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
三年くらい前の四月馬鹿の日にでも、夢野久作の「ドグラマグラ」という作品を公開しようと思って、ヘンな頁を作っていたんです。それが、あまりにも出来がひどかったので封印したんですけど、せっかくなので、誰でも読めるようにアップロードしてみました。デザインがムチャクチャなんですけど、いちおう全文読めるんです。
 
 
それで今回紹介するのは、夢野久作の暗黒童話です。じつに暗い話しで、たったの数頁なんですけど、やっぱり夢野久作で、ギョッとするような身なりの人物と、ありえない展開が印象に残りました。因果応報とか勧善懲悪も、ここまであからさまに書くと、なにか逆に意味が違ってくるのではないかと思いました……。
 
 
絶対にやっちゃいけないことを、言ってしまう子どもの話なんです。極端にひどいことを、いったん最後まで妄想してみるということは、重要なんだという話しを聞いたことがあるんですよ。ただそれは芸術では無くて、それをちゃんと他人が愛読できる形で、はじめから書いてゆくのが、プロの作家の仕事なんだ、という評論を読んだことがあります。はい。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/center/senseino_medamani.html
(約3頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 
 
 




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ☆名作選





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です