政治家と家庭 太宰治

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は太宰治の「政治家と家庭」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
太宰治が、佐倉惣五郎のことをとりあげつつ、家庭と仕事を両立させることについて、書いています。
 
 
これはほんの1ページのエッセーなんですが、ごく個人的なことを書いていて、家庭をしっかりと保ちながら、政治を実現できる人々を、求む、と書いています。具体的には、親戚のことを書いています。なんだか、家庭と文学の両立、ということを考えつつ書いているような気がしました。権力者が戦争や人権侵害をしてはならない、と決めてから、日本ではもの書きや仕事人が、余裕のある人生を得られるようになったんだなあ……、ということを思いました。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/center/seijikato_katei.html
(約2頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 
 
 




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ○名作選





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です