智恵子抄(15) 高村光太郎

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は高村光太郎の『智恵子抄』その15を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
高村光太郎が、食うことを詩に描くと、こうなるのかと思いました。空海の十住心論ということを思いだしたんですけど……、人の営みの原始的なところを大切にし、動物的な心情を詩に昇華している、というのが高村光太郎のように思えました。
 
 
玉子は鳥屋とやから
海苔のりは鋼鉄をうちのべたやうな奴
薩摩さつまあげ
かつをの塩辛しほから
湯をたぎらして
餓鬼道のやうにくらふ我等の晩餐
 
…………
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/center/chiekosho15.html
(約1頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ○名作選





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です