偽者二題 芥川龍之介

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は芥川龍之介の「偽者二題」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
ある映画に描かれていた、詐欺の話しを調べていたら、これを見つけました。これはホントにあった話のようなんです。ホントにあった話って不謹慎というか、いや不謹慎じゃ無くて、気まずい感じが入っていてそこにリアルを感じるんですけど、今こういうだまされ方をする人ってまあ居ないわけで、なんと言ったら良いんでしょうか、時代によってマチガイの発生する場所や方向性がかなりちがうんだなあと、思いました。
 
 
芥川龍之介の存在感が伝わってくる随筆でした。

 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/center/nisemononidai.html
(約3頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 
 
 




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ○名作選





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です