眠れる人 堀辰雄

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は堀辰雄の「眠れる人」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
これは、静謐な言葉づかいの小説なんです。戦前の作家の中で、いちばん現代的な文体を作りあげたのは、堀辰雄のような気がしました。
 
 
非常に印象的な文体なんです。静かな現代詩を読んでいるような感じです。ためしに、詩の表記法にのっとって、この小説の文字組だけを変えて書き出すと、こうなるんです。
 
 
その女が僕を見てあんまり親しげに微笑したので
僕はその女について行かずにいられなかった
もうすべてのものは眠っていた
ただ風だけが眼ざめていた

女はすべてのものに無頓着にゆっくりと歩いている
そればかりではなく
僕までが自分のつけているその女の事を忘れてしまう瞬間がある

眠りがときどき僕たちの中を通り過ぎる
その度毎に僕は歩きながら眠る

僕たちはある広場に出る
突然 一台の自動車が僕たちを追い越すためにサイレンを鳴らす
それが僕を眼ざめさせる
すると僕は
その瞬間まで殆ど感じていなかった眠たさを急に感じだすのである
眠りは僕の手や足にうるさくからみつく
そしてまたいつのまにか僕の眼は閉じてゆく

と突然
ある町の隅から一匹の白い犬が飛び出してくる
それはかの女を見知っているのであろう
それはかの女を嗅ぎながらかの女のまはりをうれしそうに走り廻る
かの女はそれに自分の着物の裾を勝手に噛ませながらなお進んで行く

……
 
 
ほとんど原文のままなんですよ。ここからさらに物語が展開するんですが……、おわりの一文がじつに美しかったです。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/center/nemureru_hito.html
(約10頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 
 
 




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ○名作選





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です