智恵子抄(20) 高村光太郎

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は高村光太郎の『智恵子抄』その20を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
この「鯰」という詩を読んで、そうだ高村光太郎は木彫が本業だった、ということに改めて気づきました。この詩集ではあまり、自分の本業のことは書かなかったんだなという事実に、なんだか不思議な感じがしました。
 
 
ふつう、本業のことはよく話しにのぼると思うんです。それで恋人や妻のことはそんなに喋らない。しかし、近代詩の中ではむしろ、本業のことはあまり口にしないで、異性への愛が繰り返し描かれています。
 
 
今回は、なにか高村光太郎がつねづね考えていることが、詩に描かれた、と思いました。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/center/chiekosho20.html
(約1頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ○名作選





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です