それから(11) 夏目漱石

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は夏目漱石の「それから」その11を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
それから、はいよいよ中盤です。全部で17章あります。主人公代助は、誠太郎と話をするのが趣味となっている。代助のいうニル・アドミラリってどういうもんだろうかと思っていたんですが、たぶんこれだろうという箇所を発見しました。本文に、こう書いています。
 
 
  誠太郎はこの春から中学校へ行き出した。すると急に脊丈せたけが延びて来る様に思われた。もう一二年すると声が変る。それから先どんな径路を取って、生長するか分らないが、到底人間として、生存する為には、人間から嫌われると云う運命に到着するに違ない。その時、彼は穏やかに人の目に着かない服装なりをして、乞食こじきごとく、何物をか求めつつ、人の市をうろついて歩くだろう。
 
 
遊び仲間に対して、ずいぶんひどい言いようですが、じっさい代助はそういうように成長した。絶望している人と言うよりも、超然としてしまっているNEETという感じでしょうか。ほかにもこう書いています。
 
 
  彼の考によると、人間はある目的を以て、生れたものではなかった。これと反対に、生れた人間に、始めてある目的が出来て来るのであった。

  ……

  これをせんじ詰めると、彼は普通に所謂いわゆる無目的な行為を目的として活動していたのである。そうして、他を偽らざる点に於てそれを尤も道徳的なものと心得ていた。
 
 
学生時代初年の夏休みに、「まったく意味ないこと、価値ないことをしたいなあ」とつくづく思ったことがあるんですよ。というのも、何年かのちに会社員になったら、意味がある事しか出来ないと思っていたからなんですけど。しかし代助は、成人しても、この意味ないことというのが倫理的だと思っている。すごい度胸だ、と思いました。
 
 
なんだか、犬のディオゲネスみたいでかっこいいですよ。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/center/sorekara11.html
(約20頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 
 
 
「それから」の登場人物表はこちら  (横書きはこちら




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ☆名作選





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です