濡れた葦 林芙美子

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は林芙美子の「濡れた葦」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
あのー、中弛み問題、というのは、仕事でも私生活でも、家でも学校でもどういう組織でもあると思うんですけど、この短編小説は、そこを描いています。
 
 
漱石は中弛みが少ない作家だと思うんですけど、それでも、「吾輩は猫である」の中盤はもうれつに中弛みしてますし、『草枕』の第1章の秀逸さに比べれば、『草枕』の中盤の、起承転結の承の部分は、やっぱり中だるみしてる気がします。
 
 
「駄作の次に良作をドーンと作れるのが、その人の実力であって、つまり駄作を出せるのが実力のある証拠」みたいな話しを、有名な漫画家の対談か何かからずいぶん前に聞いたことがあるんですけど、林芙美子のおもしろさはそこにあるような気がしました。戦時中の林芙美子の発言等々がどうもよろしくないと言うことで、あまり文学作品として注目されることが少ないような気もするんですが、放浪記も1920年代当時の世相が伝わってきておもしろいし、いつか林芙美子の後期の代表作「うず潮」や「浮雲」を読んでみたいなあと思います。
 
 
オチまで読んで、2つの町をあざやかに比較するのが、幼い頃から行商人として生きた林芙美子の、独特なまなざしになっているんだな、と思いました。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/center/nureta_asi.html
(約10頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 
 
 




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ☆名作選





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です