それから(12) 夏目漱石

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は夏目漱石の「それから」その12を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
代助は、東京を出て旅に出るつもりでいると、父から呼び出しを受ける。それを抜けだしてどこか遠くへ行くつもりでいるのだが、やはり平岡夫婦が気がかりで、もう一度会いに行った。
 
 
平岡は夜分遅くまでどこかへ出かけたままで、三千代ただ一人だけが居た。代助は三千代に、生活費のほうは大丈夫かと、聞く。すると三千代は、裸になった両手を見せるのだった。指輪もなにもかも、どうも手放さざるを得なかったほど、まずしいようである……。
 
 
代助は、これを受けとってくれといって、紙幣を三千代に手渡した。相手は困ったような、助かったような、じつに微妙な応対をしている。その状況描写が秀麗なんです。トルストイの「復活」冒頭部分を意識して書いたのでしょうか。
 
 
薔薇の香水、というのが代助の手もとでいくたびか登場するんですが、洗練された印象を受けるんです。明治の貴族的な社会というのか、現代の純文学の原形そのものというか、美くしい小説だなあと思いました。
 
 
代助は、兄や父から逃げようと思っていたのだが、やはりつかまってしまって、結婚に相応しそうな娘たちを紹介される。代助は結婚すると働かざるを得ないから、そんなことをしたくない。いつまでも0円の働きで、優雅に生きていたいという、男なんです。
 
 
代助は、兄と父から金をもらっているもんだから、思っていることを、ありのままに言うわけにもいかない。それで、娘たちにかんして、じつにあいまいなことばかりを言っている。ここがどうにも面白かったです。
 
 
ぼくはこの小説は、幽霊として居る正岡子規に、親友として漱石が、今からでも結婚をする未来を勧めたく、このように奇妙な構造の物語を書いているのだ、と思えました……。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/center/sorekara12.html
(約20頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 
 
 
「それから」の登場人物表はこちら  (横書きはこちら




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ☆名作選





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です