漁師 フィオナ・マクラウド

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日はフィオナ・マクラウドの「漁師」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
これは、ケルト幻想作品集『かなしき女王』という小説集のなかの一篇です。作家名フィオナ・マクラウド、本名ウィリアムシャープは、1855年生まれのスコットランドの小説家です。あのー、男として本名でも作品や評論を発表しつつ、女性作家としてこのケルト民話を創作した、謎の作家らしいです。
 
 
ある、年老いたおばあさんが、娘に、印象深い思い出を語ります。ヤソ・マック・アン・テイルという旅をする漁師と出会った思い出です。おばあさんは、旅の漁師にこう語りかけたのです。本文に、こう書いています。
 
  ミルクを一杯あがって、もしくたびれておいでなさるなら、休んで行って下さいまし、わたしはそう言って見たのだよ。
  ありがとう、そう言って下さるだけで、休ませて頂いたりミルクを飲ましていただいたも同じことです。わたしはこの河の流れについて行くんです、その人がそう言うんだよ。
  魚をとりなさるんですか? わたしが訊くと、
  わたしは漁師です、その人が悲しそうな小声で言ったよ。
 
 
おばあさんは、家が無いのなら泊まってゆきなさいと提案したのですが、旅の漁師は、一人で遠くへ行ってしまった。その後、ずいぶんたってから……。さいご、この旅の漁師は、とても不思議なことを言います。ケルト幻想民話を初体験しました。謎の短編小説でした。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/center/ryoshi.html
(約20頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 
 
 




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ☆名作選





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です