智恵子抄(36) 高村光太郎

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は高村光太郎の『智恵子抄』その36を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
今回の「松庵寺」という作品は、幻想を廃した詩で、日記や手紙のような文体でした。あのー、wikipediaにはこう書いています。
 
 
  『智恵子抄』(白玉書房、1947年) (略) 戦後に書かれた「松庵寺」「報告」の2篇を追加。
 
 
1945年(昭和20年)10月の、戦争が終わって2カ月後の詩です。アドルノという学者が
 
 
「…………宿命に関する最低の意識でさえ、悪くすると無駄話に堕するおそれがある。文化批判は、文化と野蛮の弁証法の最終段階に直面している。アウシュヴィッツ以後、詩を書くことは野蛮である。そしてそのことがまた、今日詩を書くことが不可能になった理由を語り出す認識を浸食する」(プリズメン/アドルノ著/ちくま学芸文庫)より
 
 
と言ったそうなんです。高村光太郎のこの戦後すぐの詩は、まさにその批判されている領域に於ける詩作だったように思います。智恵子抄は、戦前の近代詩の終わりに位置し、どのように近代詩が終わったのか、その内実と物語全体を描きだしているように思います。
 
 
智恵子は戦争で死んだのではなく、心と体の病によってなくなったのですが、15年戦争がなかったらもっと食糧難から遠のいていたわけで、心ももっとおだやかであったろうと思います。戦中の餓死や栄養失調は、戦死と似た構造をしているし、智恵子と光太郎の苦は、戦争の時代の苦に共鳴していたと感じました。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/center/chiekosho36.html
(約1頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ☆名作選





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です