門(7) 夏目漱石

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は夏目漱石の『門』その7を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
季節はもう冬になっていて、宗助夫婦は静かに暮らしている。すると崖の上の隣家から、ピアノの音や話し声や、笑い声が聞こえてくる。
 
 
宗助はもう、他人がどのように裕福でも、嫉妬心も抱かず、枯淡なのかなんなのか、感覚が霧消してしまっている。ただ、崖の上の家のできごとだけは、なんだか気になる。
 
 
とくになにも起こらない日常の描写が続くんですけど、それがシンプルに、読んでいて楽しいんですよ。こう、モーリス・ラヴェルのボレロでもじーっと聞いているように、文体の美しいのを見ているだけで、充分に、なんというんでしょうか、文学読んでるなあーと思います。
 
 
妻の御米は、真夜中に、じつに奇妙な音を聞く。あまりに気になるので、宗助を起こして、あの物音はなんなのだ、と言う。本文はこうです。
 
 
  「音は一遍したぎりなのかい」
  「だって今したばかりなのよ」
  二人はそれで黙った。ただじっと外の様子を伺っていた。けれども世間はしんと静であった。いつまで耳をそばだてていても、再び物の落ちて来る気色けしきはなかった。
 
 
崖の上から、なにか大きなものが落ちてきた、というのです。しかしあたりは静まりかえっている。御米は、どうも真夜中に眼が冴えてしまうようなのです。朝になって、宗助がその崖を見にゆくと、こうなっていた。
 
 
  …………ちょうど自分の立っている縁鼻えんばなの土が、霜柱をくだいたように荒れていた。宗助は大きな犬でも上から転がり落ちたのじゃなかろうかと思った。しかし犬にしてはいくら大きいにしても、余り勢が烈し過ぎると思った。
 
 
どうも、昨晩の物音は、崖の上の家に、泥棒が入ったらしい………。盗人が落としていった盗品を、宗助は崖の上に届けにゆくのでありました。主人は裕福で、盗まれたことをまるで気にもしていないんですよ。この不可思議な人物描写が好きになりました。
 
 
宗助の家のまわりに、夏になると咲く、秋海棠しゅうかいどうというのは、こんな花です
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/center/mon07.html
(約30頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら   (横書きはこちら)
 

 




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ☆名作選





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です