智恵子抄(38) 高村光太郎

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は高村光太郎の『智恵子抄』その38を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
智恵子抄は、そのほとんどが戦中に描かれたものですが、前回の「報告」と前前回の「松庵寺」だけは、戦後に書き加えられたものなんです。順番をどうして時間軸通りにしなかったのか、この詩の並びかたも、詩集「智恵子抄」のひとつの魅力のように思います。これは戦後に読んでよいものだ、と高村光太郎は判断して、これ以降の詩があるのかなあ、と思いました。
 
 
作中に記されている「ヴエズヴイオ」というのはwikiにはこう書いています。

「イタリア・カンパーニア州にある火山。ナポリから東へ約9kmのナポリ湾岸にある」「紀元前217年にも大規模な噴火を起こしている。紀元62年2月5日に大地震があり、付近の町に大損害を与えた」「皇帝ネロは復興に国を挙げて取り組み、純ローマ風の街として再建した」
 
 

 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/center/chiekosho38.html
(約1頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ☆名作選





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です