門(8) 夏目漱石

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は夏目漱石の『門』その8を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
小六が家にやって来て、どうにも奇妙な3人家族の暮らしが始まった。お互いに気を使いあっていて、じつにこう気まずい。
 
 
ぼくの人生には気まずい対人関係しか無い、という感じなんですが、小説でこういう気まずさをがっつり書くのは、考えてみれば意外と少ないように思うんです。たいていはこう、ドストエフスキーみたいに闘争の一歩手前とか、破綻の一歩手前とか、現実にはめったに起きないところを、小説は書いちゃう。しかし漱石はそうでなく、平生のえんえん続いてゆく気まずい暮らし、というのを書いている。
 
 
例によって漱石の得意技の△関係なんです。子の無い宗助と、お金が不足して住むところが無くなったかなり年下の小六と、小六と馴染めない御米。この3人の気まずさは、どうにもえげつないぞ、と思いつつ読んでいました。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/center/mon08.html
(約30頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら   (横書きはこちら)
 

 




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ○名作選





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です