ドストエフスキーとバルザック 坂口安吾

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は坂口安吾の『ドストエフスキーとバルザック』を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
これは坂口安吾が小説とはどういうものかを、記したものです。坂口安吾は世界中のどこに優れた小説があるかの地図を、この随筆で描きだしています。
 
 
感動を齎す媒介としての小説を、安吾は強く求めていて、バルザックとドストエフスキーこそが、これにあたると、安吾は明記しています。この随筆は、坂口安吾による最良の文学案内であると思いました。5分くらいで読み終えられますよ。
 
 
芸術は、説明するようにやってはいけないんだ、と坂口安吾は告げるんです。僕はどうもそういうことばっかりをやってしまっているような気がします。
 
 
安吾は、ドストエフスキー、バルザック、ゴールズワージー、シェイクスピア、ゴーゴリ、ゲーテ、スタンダール、チェーホフ、ポー、を愛読しています。これらの作家の、リンクを付けてみました。名作を読んでみたい、という方は、どれか手に取ってみてください。
 
 
青空文庫
ドストエフスキーバルザック、ゴールズワージー、シェイクスピアゴーゴリゲーテ、スタンダール、チェーホフポー

Amazon(本屋)
ドストエフスキーバルザックゴールズワージーシェイクスピアゴーゴリゲーテスタンダールチェーホフポー

図書館(カーリル)
ドストエフスキーバルザックゴールズワージーシェイクスピアゴーゴリゲーテスタンダールチェーホフポー
 
 
こんど、バルザックを読んでみたいと思います。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/center/dosutoefusukito_baruzakku.html
(約10頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 
 
 




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ○名作選





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です