キリストのヨルカに召された少年 ドストエフスキー

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日はフョードル・ドストエフスキーの「キリストのヨルカに召された少年」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
この小説は、ドストエフスキーの重厚な長編小説とはかなり異なる作品で、子ども向けの童話なんです。ぼくはこれを読んでドストエフスキーにハマりました。「ヨルカ」というのはロシア語で、もみの木のことです。あのクリスマスツリーというやつです。これは、かなり後期に書かれた童話で、処女作「貧しき人びと」を書いてから30年後にこの「キリストのヨルカに召された少年」を書いているんです。
 
 
短編小説というか、掌編小説でここまで読者を引き込むことができるのかと、衝撃を受ける作品です。ほんの数ページの作品なのに、これほんとに、すごいんですよ……。ドストエフスキー作品には、とんでもない善良さを持つ人々が堂々と出てくるのが魅力なんです。ドストエフスキーはそれだけを中心に描こうとしたんじゃないのか、とも思えるんですよ。
 
 
それがロマノフ王朝の帝政から途轍もない強迫を受け、『カラマーゾフの兄弟』のような暗澹とした物語を書く、怪物作家に生まれ変わったんだと思います。ドストエフスキーの小説には確実にこう、当時の政府の過酷さとか、貧しい農民たちの怒りが、作品の中にまで混じり込んでいるんだと思いました。
 
 
そのドストエフスキーの、優しくて、悲しく、美しい童話なんです。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/center/kirisutono_yorukani.html
(約10頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 
 
 




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ○名作選





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です