智恵子抄(49) 高村光太郎

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は高村光太郎の『智恵子抄』その49を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 

  光太郎智恵子はたぐひなき夢をきづきてむかし此所ここに住みにき


という詩で、すべて終わった智恵子抄なんですが、この詩集には、随筆があと3つあるんです。
 
 
随筆になった途端に、高村光太郎は、本業の彫刻のことや智恵子の絵画のことを明確に語りはじめるんですよ。それが詩としては直接には記されなかったのが、興味深かったです。とくに彫刻や絵画のことを9割以上の詩でまったく語っていないのに、随筆ではとうとうと書きしるしているのが、なんだか不思議な展開だと思いました。
 
 
そればっかり考えているときに、そのことは直接は詩にならないもんだなあと思いました。自分の作った彫刻を智恵子に手渡して、智恵子はそれを愛撫し……という情景は、いかにも詩になりそうなのに、そこはなぜだか書かなかった。そして随筆には詳細に書けてしまう。
 
 
この無意識の区分けがどうにも興味深かったです。随筆をまったく書かない小説家とか、随筆と小説での明るさ暗さの差異が激しい作家とかほんとにいるから、なにかこう、ジャンルによって意味がまったく違うんだろうなあーと思いました。
 
 
太宰治は小説なのか随筆なのか判らない作品を書いていますし、あと漱石には論説なのか小説なのかその境界が不明な作品もあるし、そういう混じりあったものも魅力があるんですけど、高村光太郎は、その差異がはっきりしているんです。本文の、この言葉がすてきでした……。
 
 
  ……だが今は書かう。出来るだけ簡単に此の一人の女性の運命を書きとめて置かう。大正昭和の年代に人知れずういふ事に悩み、かういふ事に生き、かういふ事に倒れた女性のあつた事を書き記して、それをあはれな彼女へのはなむけとする事を許させてもらはう。一人に極まれば万人に通ずるといふことを信じて…………
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/center/chiekosho49.html
(約1頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ☆名作選





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です