智恵子抄(50) 高村光太郎

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は高村光太郎の『智恵子抄』その50を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
高村光太郎の「智恵子抄」における、詩と随筆の対比の鮮やかさは、目を見はるものがあると思うんです。寺田寅彦のようにアクロバティックで蠱惑的な随筆では無くて、じつに簡素に書いています。それが詩と並べられたときに、もう1つの世界が広がるような、なんというか衝撃があるんです。地球に対して宇宙全体というような、そういう極端に視野が広がるような、「こうなっていたのか」という驚きを感じました。
 
 
高村光太郎は、幻想を廃して、淡々と随筆を書くんです。それがむしろ、詩集の世界全体を鮮やかに照らしだしているように思えました。
 
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/center/chiekosho50.html
(約1頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ☆名作選





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です