山羊の歌(2) 中原中也

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は中原中也の「山羊の歌」その2を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
作中に出てくる「鑵」というのは「缶」の旧字で、錆びた缶のタバコケースのことです。
 
 
男らしい内容の詩で、月が煙草を吸うという、豪儀な表現が印象に残りました。スモッグであたりがけぶっているのかもしれません。煙草には、錆と、汚辱と、悲しさが刻みこまれているように思いました。本文こうです。
 
 
 あゝ忘られた運河の岸堤
 胸に残つた戦車の地音
 びつく鑵の煙草とりいで
 月はものうく喫つてゐる。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/center/yaginouta02.html
(約1頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
全文はこちら             (全文のヨコ書きはこっち)
 
 




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ○名作選





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です