山羊の歌(4) 中原中也

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は中原中也の「山羊の歌」その4を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
今回の詩は、謎めいた描写があって、魅了されました。判らない部分があるほうが、興味深い、ような気がしました。詩の最後の一文の落としどころが、日本の風物詩だなあと思うんです。眠る時に枕にあたまをうずめるようなもので、これさえ入れば良いんじゃないのかとさえ思いました。
 
 
むずかしい言葉を調べてみました。
 
 
足竝(=足並 たんなる旧字です)
 
 
ほのみゆれ
 
 
「かびろき」は、「か細い」とか、「か黒い」とかと似た用法で、「広き」という意味のようです。
 
 
 かびろき胸のピアノ鳴り
 祖先はあらず、親もぬ。

 埋みし犬の何処いづくにか、
 蕃紅花色さふらんいろに湧きいづる
 春の夜や。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/center/yaginouta04.html
(約1頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
全文はこちら             (全文のヨコ書きはこっち)
 
 




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ○名作選





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です