ゴリオ爺さん(8) バルザック

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日はバルザックの「ゴリオ爺さん」その(8)を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
ウージェーヌ・ラスチニャックは、いろんな人たちから好まれている好青年だということがこの章で描きだされているんです。「パリでは恋人同士で、愛の言葉をささやき合う」というのは何度も聞いてきて知っていたことなんですけど、バルザックと、この小説の登場人物たちは、人々の未来について祝福を送るんですよ。
 
 
むかし、子供向けというかなんというか、呪いの小説をしょっちゅう読んでいたんですけど、本場の文学では祝福について様々に記しているんだなと思いました。
 
 
人をカエルのようにしてしまう黒魔法は誰でも簡単に使えて会社でも学校でもいつでも日常的に行われているけど、カエルになってしまった者を元の王子様に戻せる白魔法は、そうかんたんに使えるものじゃない、って話しをどっかで読んだことがあるんですけど、バルザックの書く小説はまさにこれだなと思いました。
 
 
海賊のごとき悪道を歩んできたヴォートランまでもがこんなことを言うんです。
 
 
  「おやすみ、子供達」ヴォートランはウージェーヌとヴィクトリーヌの方を振り向いて言った。「私は君達のために神の加護を祈る」
 
 
一方で、ヴォートランは怖ろしいことを宣言してきた。ヴィクトリーヌ・タイユフェール嬢の唯一の親族が決闘をして不幸になり、もうすぐヴィクトリーヌにとほうもない大金が転がりこむだろうという、不気味な未来を宣言してきたわけです。ウージェーヌ・ラスチニャックはこのあまりにも正確すぎる予言に青ざめている。今回、ゴリオ爺さんの日本語訳小説を読んでいて、翻訳の文体の魅力というのがだんたん理解できてきたんですよ。普通に書いたのなら、こうはならないと思うんです。
 
 
おそらくフランス語と日本語を母国語のように使える人なら、フランス語でバルザックを読んだほうが楽しいんだと思うんですけど、日本語しか読んだことのない自分としては、一度文章をまるごと書き直したような、二重の行程を経ている、この翻訳の文体に魅了されました。
 
 
極めて知的な人の論文は何を書いているか分からないですよね。でもその知的な人がラジオで話していることは、すごくシンプルでわかりやすく興味深いってことがよくあります。最終的に自分たちにも分かりやすい言葉で書き直しているという、その翻訳作業の丁寧さによって、独特な魅力が生じているんだと思うんです。
 
 
ヴォートランの不吉な予言は当たり、じっさいにヴィクトリーヌ嬢に大金が転がりこんでしまった。学生ウージェーヌ・ラスチニャックは、ヴォートランの勧める恋人との未来と、ゴリオ爺さんの勧める恋人との未来とで、どちらを選ぶか、たいへんに惑い、最後のところで……つづきは本文を読んでみてください。 
 
 
どうもやはり、ヴォートランは暗黒世界の権力者らしく、警察はその証拠である、肩の焼き印を暴こうとして、ヴォートランにあるものを飲ませた。ヴォートランは、ついに肩の焼き印を暴かれたわけですが、このままヴォートランは沈黙の中で去りゆくのか、あるいは……、というところで話しは次回に続きます。
 
 
ウージェーヌ・ラスチニャックは、自分のやっているのはいっさい不倫でも浮気でもないと考えている。正式に離婚するように相手と談判をし、離婚を終えてから結婚しようと考えているし、2人の女性と限界を超えて親密なのも、えー、まあとくに浮気だとは考えてない。うーむ、現代社会の実態とだいぶ違う……と思いつつ読んでいました。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/center/goriot_jisan08.html
(約100頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
  
 
        (横書きはこっち)
 
 
■主要登場人物
・ゴリオじいさん………娘たちを愛するあまり破産した。
・ウージェーヌ・ラスチニャック………うぶで野心家の学生。
・レストー夫人………ウージェーヌが一目惚れした美女で、ゴリオじいさんの実の娘。
・デルフィーヌ・ド・ニュシンゲン夫人………銀行家の妻で、ゴリオじいさんのもう一人の娘。
・ボーセアン夫人………ウージェーヌの遠い親戚のお金持ち。
・ヴォートラン………謎のお尋ね者。
・ヴィクトリーヌ・タイユフェール嬢………主人公たちとおなじマンションに住む、かつて孤児だった悲しげな目の美少女。母は亡くなり、父とずっと会えぬまま生きてきた。
 
 
(作中[1][2][3]などの数字表記があります。その箇所を解説した訳註はこちらをご覧ください。)





top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ○名作選





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です