山羊の歌(11) 中原中也

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は中原中也の「山羊の歌」その11を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
今回は「冬の雨の夜」という詩なんですが、雨にうたれて凍える思いをしたという記憶が甦る作品です。
 
 
あのー、詩はどう受けとっても良い、と詩人が言っているのを聞いたことがあるんですけど、それにしても、なぜこの陰惨な情景の詩を読んで、理由不明にこう落ちつくというか懐かしい感情を抱くというのは、これは……中原中也は想定していたことなんだろうかと、しばらく考えていました。ただ中原中也は、書くことによってさらに沈み込んだわけでは無くて、治癒の要素のある詩作でもあったのではないかと思いながら読んでいました。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/center/yaginouta11.html
(約1頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
全文はこちら             (全文のヨコ書きはこっち)
 
 
 
 




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ☆名作選





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です