ウィネッカの冬 中谷宇吉郎

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は中谷宇吉郎の「ウィネッカの冬」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
これは雪の研究者で「雪は天から送られた手紙である」という言葉で有名な、物理学者中谷宇吉郎なかや うきちろうの随筆です。
 
 
雪と氷を研究する米国の施設について書いているんです。ウィネッカというのはウィネトカ(Winnetka)のことです。カナダのすぐ側のミシガン湖のほとりの街で、なぜか氷と雪についての研究をしている。どうして雪の無い町でこれを研究しているかというと、北極圏の鉱山でいかに雪を制するかということを、アラスカの氷河などを研究所に持ちこんで調査や実験をするための施設なのだそうで、ずいぶん遠い国のことを研究している。壮大な研究所で、まるで映画みたいなことを、60年以上も前にアメリカはやっていて、それでハリウッド映画はあんなに派手なんだなと思いました。現実が派手だから映画も派手になる……。
 
 
クリスマスから新年にかけての日米の様子を活写しているんですが、なんだか明るいエッセーですてきでした。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/center/winekkano_fuyu.html
(約10頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 
 
 




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ☆名作選





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です