宮沢賢治の世界 中原中也

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は中原中也の「宮沢賢治の世界」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
ちょっとこれから、しばらくのあいだ、1939年のことをひとつひとつ調べて読んでゆこうと思っています。この中原中也の宮沢賢治紹介文は、1939年に発表されたものなんです。賢治と第二次大戦とはまったく繋がってないはずなんですけど、ただはじめて賢治作品が広く大衆に読まれた時代は、じつは大戦中の1939年〜45年ごろだったんだなと、思いました。これはwikipediaにも記されていました。
 
 
もしかすると、賢治の飢餓陣営を読んだことのある人が、ほんとうに戦中の兵役で飢餓と対峙したのかもしれない、というのが、自分にとってはすごい衝撃でした。
 
 
中原中也が、宮沢賢治という作家の作品全体を発掘してゆく時の、その緊迫した心象が描きだされています。賢治が新しい芸術論を書くとすれば、はたしてどのようなものか、について論考するときの、いちばんはじめの描写が印象深かったです。中原中也が宮沢賢治にのりうつって、思考を展開している。それはどう考えても、賢治の延長線上にある思念と言うよりも、中原中也と宮沢賢治がまじりあったものになっている。(中原中也=宮沢賢治)なる人物の手記になっている。そこが蠱惑的でした。詳しくは本文をご覧ください。



 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/center/miyazawa_kenjino_sekai.html
(約3頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 
 
 




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ○名作選





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です