什器破壊業事件 海野十三

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は海野十三の「什器破壊業事件」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
この「什器破壊業事件」は、リレー小説「風間光枝探偵日記」シリーズのなかのひとつの短編小説です。そのため最初の数行だけ読みにくいんですけど、この作品だけを読んでもまったく問題無く読める物語です。今回は、探偵の風間光枝かざまみつえが主人公の、架空の物語で、明らかに子ども向けの空想小説なんですけど、科学技術の描写があったりしておもしろいです。入口を通ると身長を自動で測って極薄のモニターに表示する装置だとか、そういえば現代のコンビニには防犯目的で、入口に身長が分かるシールが貼られていて防犯カメラで判別できるようにしてる、よなと思いました。
 
 
50年以上前に空想されていたことが、今ではごくふつうに、町中のいたるところで実用化されてるんだなあーと、思います。
 
 
これはじっさいの1939年とは完全に違う、近未来的な世界が描かれているんですけど、でもこの時代にこういうことをみんなで考えて楽しんでいたのは事実で、こういう娯楽があったんだなあとつくづく思いました。
 
 
成金の屋敷に、女探偵が小間使いに化けて潜入するんです。主人公は、事情をまったく知らされずに、危険な仕事をやらされる。真相は現場で少しずつ解明されてゆく。当時は、殺人事件の報道禁止といった世相があったんです。海野十三はそういうことを知りつつ物語に反映させて書いたのだろうか、と思いました。
 
 
死んでしまった男が発見した事実を、探偵たちはなんとか掘り起こそうとしていた。1939年に、国家によって隠蔽されたかずかずの事件と、海野十三の提示する謎は、どこか結びついているのではないか、と空想しました。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/center/monookowasunoga_shobai.html
(約30頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 
 
 




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ○名作選





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です