夢十夜 夏目漱石(9)

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は夏目漱石の「夢十夜」その9を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
この夢十夜は、漱石の10個の文体を楽しめる、観察しがいのある小説だと思うんです。今回の第9夜は、どこかむつかしい内容で、ちょうどほんとに、賢い人がきのう見た夢のはなしをしているのを聞いているような雰囲気の文体で、気を抜いて話を読んでいると、意味が判らずに、そのつど「えっ、それってどういう状況?」「それはどんな意味?」という感じで、文章を読み返さないといけないような、なんというか「倫敦塔」とかに文体が似てる気もします。
 
 
なんなんでしょうか、人間が妖怪を描いたハナシはよくあるわけですけど、妖怪が人間を描いたら、この漱石の第9夜みたいになるんじゃないか、と思いました。
 
  

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/letters/yumejuya09.html
(約10頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 
 
     (横書きはこっち)




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ☆名作選





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です