山羊の歌(24) 中原中也

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は中原中也の「山羊の歌」その24を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
今回は重厚な詩で、繰り返し読んでみました。聖母サンタ・マリヤという言葉で描かれる女が印象深いです。
 
 
反復する、リフレインというこの詩の魅力があるんですけど、ちょっと調べていると、過剰に繰り返す文体というのは、かなり古くからあったようで、たとえば空海の「秘蔵宝鑰」に「生れ生れ生れ生れて、 生の始めに暗く」……という有名な言葉があったり、畳句歌という和歌に「月月に月見る月は多けれど月見る月はこの月の月」(詠み人知らず『一挙博覧』より鈴木忠侯選)というのがあって、中原中也のこの、言葉の繰り返しのところに魅了されました。
 
 
 風が立ち、浪が騒ぎ、
    無限の前に腕を振る。
 
 
中也は、この文を3回反復しています。それから今回の詩集で「風」を24回もちいていますよ。この詩の言葉も印象深いです。
 
 
 あゝ おまへはなにをして来たのだと……
 吹き来る風が私に云ふ
 
 
むつかしい言葉を調べてみました。
 
 
ゑまふ……笑まひ
 
 
自恃じじ
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/letters/yaginouta24.html
(約1頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
全文はこちら             (全文のヨコ書きはこっち)
 
 
 
 




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ☆名作選





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です