夢十夜 夏目漱石(10)

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は夏目漱石の「夢十夜」その10を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
今回で、「夢十夜」完結です。マチスの肌色や黄色の、かすれたような荒い筆遣いが良い、という感じで、漱石の僅かな文体の乱れが、読んでいて心地良いのではないかとか、思いました。こういう本文です。
 
 
  庄太郎が女にさらわれてから七日目の晩にふらりと帰って来て、急に熱が出てどっと、床にいていると云ってけんさんが知らせに来た。
 
 
どっと、という文字が良いとか、どっと、の位置がちょっとズレてるとか、どうでもいいところが気になりました。庄太郎というのが、なにか奇妙なものをいつも見たがる。往来をゆく女たちと、水菓子を見ているのが好きだという。
 
 
マチスがもし日本人で、絵画のほかにも小説を書いたら、こういうのを書くんでないだろうかと思いました。はい。豚とパナマ帽がやけに印象に残りました。
 
 
なんだ、夏目漱石の狙っていたのは、ここだったのかと、衝撃を受ける第十夜でした。娯楽性やユーモアに関してなら現代人の作品のほうがはるかに秀でていると思っていたんですが、これはちょっと、すごいおもしろい作品だと思います。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/letters/yumejuya10.html
(約10頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 
 
     (横書きはこっち)
 
 
 

夢十夜 全話通読

第一夜 第二夜 第三夜 第四夜 第五夜
第六夜 第七夜 第八夜 第九夜 第十夜






top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ☆名作選





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です