若き日の思い出 牧野富太郎

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は牧野富太郎の「若き日の思い出」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
牧野富太郎は植物学者です。これは、ごく短い随筆なんですけど、びっくりするようなことを書いています。19歳でふる里の佐川町(高知県)から、雨の石鎚山の山頂まで登って、帰ってきたという。調べてみると普通に踏破できるような距離や標高じゃ無いですよ。往復200キロ以上歩いて石鎚山のふもとに辿りついて、それから雨の中を山頂まで登ったんだそうです。装備もでたらめで、レインコートが無いどころか傘も持たずに、地図もなく、和服で行ってきたという。どんな体力なんだと思いました。それで、オオナンバンギセルを写生して帰ってきたのだという。ほかにも様々な地域を旅し、九州の最西端五島列島にもヘゴの調査旅行に出かけ、牧野富太郎はこう書きます。原文こうです。
 
 
  家にたてこもっている人ではとてもこの学問はできっこない。日に照らされ、風に吹かれ、雨に濡れそんな苦業を積んで初めていろいろの植物を覚えるのである。
 
 
これを書いたのはいったい何歳の頃なんだろうと思うんですが、さいご明らかになるんです。伊能忠敬とか芭蕉とか、とにかく歩いて歩いて歩きまくる学者が、古い日本の学問芸術を形づくってきたんだなあーと思いました。植物採集の随筆なのに、ゴールドラッシュの記録を読んでいるように迫力があるんです。
 
 
牧野富太郎は、江戸時代真っ只中の文久二年1862年の生まれなのに、ものすごく長生きしている。オチの数行がすごいんです。推理小説でもこういうビックリ感は出せないだろうと思いました。事実は小説よりも奇なり、と言うんですが、この随筆は驚きました。牧野富太郎の本をもっともっと読んでみたいなと思いました。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/letters/wakakihino_omoide.html
(約50頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 
 
 




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ☆名作選





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です