こころ(3) 夏目漱石

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は夏目漱石の「こころ」その3を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
全6回にわたって漱石の「こころ」を読んでいます。物語はいよいよ中間地点に到達するわけなんですが、ここで、父の病と、明治天皇の病がオーバーラップして描かれます。
 
 
青年の「私」にとって父は、避けがたい相手で、有無を言わさぬ存在であって、それと無関係に生きることはむつかしい。なので村人を集めて「私」の卒業祝いをやる、となると、そんな大仰な集会はしたくないと言いたくても、父に従うしかない。父、抜きに考えることがどうもむつかしい。
 
 
当時の明治天皇もどうもそういう大きな存在で、いやよりいっそうデカイ存在なわけで、wikipediaを読むと、なんだかすごい時代だと思いました。「明治天皇」とはいったいなにか、百科事典を読んでみると、その全体が詳細に記されていますので、漱石の「こころ」と同時に読むと、興味深かったです。
 
 
「こころ」では、この明治天皇が崩御したということで、父と子の祝いの席があっさり取り消しになる。これは1989年のころの天皇崩御もそうだったし、おそらく今後もそうなんだと思います。関係無いんですけど、1991年に漱石の「こころ」の出版がちょっとしたブームになったような気がするんですよ。このころに、集英社や和泉書院から「こころ」が発売されている。
 
 
ちょっとこの漱石が描いた時代をおさらいしてみると、1912年(明治45年)の7月30日に明治天皇が崩御している。その年の9月に乃木希典が殉死している。その2年後に、漱石は、崩御と病と老死と殉死と自尽についてこの小説「こころ」で描いている。
 
 
天皇と青年「私」と、いったいなんの関係があるのか、まったく無いのではないか、と思ったら、じつは卒業式に、陛下が来ていたという描写がさらっと記されているんですよ。これ、けっこう驚く描写だなと思いました。本文こうです。
 
 
  私はついこの間の卒業式に例年の通り大学へ行幸ぎょうこうになった陛下をおもい出したりした。
 
 
現代では、避難所をひとつひとつ訪れるのが憲法に記された「象徴」としての天皇の仕事として繰り返し新聞記事になっているなと、思いました。
 
 
主人公の「青年」は、東京の暮らしがなつかしく、友人や「先生」に、手紙を書き送るので、ありました。
 
 
現状、主要な登場人物がどういう状態か、判りやすい箇所があったので引用します。本文こうです。
 
 
「その先生は何をしているのかい」と父が聞いた。
「何にもしていないんです」と私が答えた。
 私はとくの昔から先生の何もしていないという事を父にも母にも告げたつもりでいた。そうして父はたしかにそれを記憶しているはずであった。
「何もしていないというのは、またどういう訳かね。お前がそれほど尊敬するくらいな人なら何かやっていそうなものだがね」
 
 
ここから先の、父と子の交流の描写が、とくに事件は起こらないんですけど、印象深いんです。ごく普通にある、ほとんど誰もが経験するはずの、田舎の悲劇というか……生老病死を描きだしています。漱石はそもそも、こういうのを中心的に書くために、大問題を比喩的に表現してみたのではあるまいかと思いました。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/letters/kokoro03.html
(約100頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 
 
       横書きはこっち
 
 




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ☆名作選





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です