カナメゾツネ 牧野富太郎

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は牧野富太郎の「カナメゾツネ」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
カナメゾツネというのはアミガサタケのことです。
 
 
wikipediaによれば、アミガサタケは調理して食えばいちおう食えるが、基本的に毒素があるので食わないほうが良いキノコのようです。むかしは、食えるか食えないか微妙なところの食材というのがいろいろあったようです。と言ってもですね、現代でも、ハーブティーの葉にじつはかなり危険な天然の毒がはいった植物が混入していたりしたことが新聞記事になっていたりするわけで、なかなか植物や食材というのは一筋縄ではいかないむつかしい存在のようです。
 
 
そういえば、最近のぼくの主食は、米とか小麦とか、豆腐とかモヤシとかエリンギとか、ほとんどは工業化された安定的な食材ばかりで、天然の食材はそんなには食べないなと思いました。モヤシだってエリンギだって、外殻は工場で作られているわけですけど、その内部は水や植物細胞やといった天然自然のモノを食べているのには変わりがないわけですが。関係無いんですけど、沖縄とかでよく食べられている豚肉って、長寿に有効らしくて、体に良いみたいです。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/letters/shokubutsu_ichinichiamitake.html
(約10頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 
 
 




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ○名作選





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です