キツネノヘダマ 牧野富太郎

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は牧野富太郎の「キツネノヘダマ」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
キツネノヘダマというのは、オニフスベのことです。wikiにこのキノコの詳細が載っているのですが、夏の終わりごろに、庭先にも突然あらわれるので、妖怪みたいに思えるキノコなんです。写真を見ても、いかにもキツネのヘダマという感じで、ひょうきんな形をしています。牧野の絵ではこう描かれています。
 
 
 
 
ヘンなキノコなんです。与謝蕪村だったら、これをどう描いてどう詠むんだろうか、とか思いました。牧野富太郎の筆致がおもしろくて、本文こう書いています。
 
 
  狐ノ屁玉ヘダマ、妙な名である。また天狗テング屁玉ヘダマという。これは一つの菌類であって、しかも屁のような悪臭は全然なく、それのみならずそれが食用になるとは聞き捨てならぬキノコ(木の子)、いやジノコ(地の子)であって、常に忽然として地面の上に白く丸く出現する怪物である。
 
 
つづきは、以下からお読みください。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/letters/shokubutsu_ichinichihedama.html
(約10頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 
  
 
 
 
          (横書きはこっち)
 
 
 




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ○名作選





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です