山羊の歌(36) 中原中也

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は中原中也の「山羊の歌」その36を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
一つ一つ詩を読んでゆけば、もっと中原中也の詩を楽しめるはずだ、と思って読みはじめた中原中也の「山羊の歌」なんですけど、もうすぐすべて読み終えてしまいます。
 
 
今回、というか前回もそうなんですが、中原中也は、詩の献辞というか、詩の贈呈をしている。冒頭に「何某様へ」という手紙によくある、詩の送り先が記されているんです。ある個人に宛てた詩なんです。けれども、読んでみると、とくに限定的な内容では無いですよ。ただ、たしかにこれは手紙のような詩には思えます。詩と手紙の中間に位置する作品も、あるんだろう……と思いました。
 
 
中原中也はじつは、装幀とかデザインなんか必要無いって、デザイン不要論を説いている日記の記述があるんです。そういう意識が、詩にも現れています。
 
 
  わが生は、下手な植木師らに
  あまりにはやく、手を入れられた悲しさよ!
 
 
詩の終わりに、中也の悩みが記されている。詩と手紙の二つの意味を持つ作品だと思いました……。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/letters/yaginouta36.html
(約1頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
全文はこちら             (全文のヨコ書きはこっち)
 
 
 
 




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ☆名作選





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です