日本で最大の南天材 牧野富太郎

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は牧野富太郎の「日本で最大の南天材」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
この随筆、面白かったです。南天は、植物としてはそれほど珍しくなくて、江戸時代にも現代にもそこらじゅうの庭に植えてあるし、野生化したのもけっこうあるようなごく一般的な木なんですが、材木としては非常に貴重なモノらしくて、あんまり太い木には成長してくれない木なわけで、この柱はもう貴重この上ない。たいへん高値で取引されている。
 
 
本を読むと自分とまったく縁の無い世界を知ることが出来るんだなあと、今さらながら本の雑学性や多様性に驚かされました。南天の太い幹は、めったに存在しない。だから金閣寺の柱も南天が使われているわけで、普通は箸にも棒にもかからないような細い枝しか無いわけなんであります。南天の難点は、なかなか太くならないことで、ナンテンの語源は「難を転ずる」という意味から来て、縁起の良い木なんだそうです。はい。
 
 
むつかしい言葉を調べてみました。
 
 
烏有に帰す。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/letters/shokubutsu_ichinichinanten.html
(約3頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 
  
 
 
 
          (横書きはこっち)
 
 
 




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ☆名作選





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です