山羊の歌(37) 中原中也

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は中原中也の「山羊の歌」その37を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
近代文学の魅力は、自然界の描写が現代作品よりも密に描かれていることだと思うんですが、今回は秋の始まりの詩です。
 
 
作中で、死期について論じている箇所があって、少し調べてみたのですが、1929年(昭和4)ごろに書かれた詩がこの詩集の中心にあって、中也が亡くなるのは1937年(昭和12)でもっとのちのことで、満30歳まで生きたんです。
 
 
中也はこの詩で、親友の死期のことを描いたのだろうか、と思いました。富永太郎というのが彼の6歳年上の親友だったそうです。詳しくはwikiをごらんください。 
 
 
中也の詩を読んでいると、自分よりも精神的に年上のようにも思えるし、年下のようにも思えるのは、年表を見ていると納得のゆくところがありました。
 
 
今回の詩は、数百枚の小説を凝縮させたような描写なんです。なんだが中編の小説を読み終えたような読後感がありました。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/letters/yaginouta37.html
(約1頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
全文はこちら             (全文のヨコ書きはこっち)
 
 
 
 




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ☆名作選





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です