山羊の歌(39) 中原中也

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は中原中也の「山羊の歌」その39を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
今回は、詩人の北原白秋におくる詩です。
北原白秋は「思ひ出」という詩集の中段で、こういう詩を書いています。
 
 
 青いソフトに

 青いソフトにふる雪は
 過ぎしその手か、ささやきか、
 酒か、薄荷はつかか、いつのまに
 消ゆる涙か、なつかしや。
 
 
これを受けて、「雪の宵」を書き記している。
 
 
「悔と悔とに身もそぞろ」という、ちょっと謎めいた文章を調べてみました。これは「悔いがあって、気持ちが落ちつかない」という、そのまんまの意味のようです。北原白秋の詩を引用しつつ、恋愛についてさっと描いている。最後の4行が洗練されていて良いんですよ……。魅入ってしまいました。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/letters/yaginouta39.html
(約1頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
全文はこちら             (全文のヨコ書きはこっち)
 
 
 
 




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ☆名作選





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です