山羊の歌(41) 中原中也

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は中原中也の「山羊の歌」その41を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
今回中原中也は、ボードレールの詩を用いています。ボードレールの詩集『悪の華』に『夕べのハーモニー』という詩があります。ネットにもこの詩の現代語訳が3つほどあったので、リンク先をちょっと読んでみてください。
  
 
 
これに対して、中也が書いた詩が『時こそ今は……』という詩です。中也は、ボードレールの詩を『時こそ今は花は香炉に打薫うちくんじ』と格調高く翻訳します。ところで、作中に出てくる泰子というのはどうも、女優の長谷川泰子の可能性が高いです。長谷川泰子は、京都で中原中也と約一年間、同棲生活をしていたのでありました。
 
 
これはまさに、詩と手紙が融合した作品だなと思いました。美しい恋文なんです……。こんな良いものを、読ませてもらって良いのだろうかと、思いました。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/letters/yaginouta41.html
(約1頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
全文はこちら             (全文のヨコ書きはこっち)
 
 
 
 




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ☆名作選





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です