山羊の歌(42) 中原中也

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は中原中也の「山羊の歌」その42を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
今回も、ボードレールの『悪の華』の詩を引用しています。『敵』という詩です。ネット上にも現代語訳で読めるサイトが3つほどありますので、ちょっと読んでみてください。
  
 
 
山羊の歌って、じつは山羊が出てこない。ヤギもヒツジも出てこないよな、と思っていたら、今回、ヒツジが出てきました。山羊じゃなくて今回は「羊の歌」です。
 
 
タイトルと異なっていて、かなり重い問題が詩に記されているんです。ただ、息苦しい詩では無い。
 
 
中也の詩の言葉、
 
 私を信頼しきつて、安心しきつて
 かの女の心は蜜柑みかんの色に
 
 
というのが印象に残りました。『私』の顔があお向けになって小さくなってしまえば良いということが詩に記されている。論理性は無いんだけれども、意味を超越して共感する言葉に思えました。この詩の語り手はこう願っているんです。
 
 
 この小さなあごが、小さい上にも小さくならんことを!
 
 
昔読んだ、ヤギと魔法の絵本はじつは、この詩を読んだことによって生まれたのではなかろうかと、空想しました。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/letters/yaginouta42.html
(約1頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
全文はこちら             (全文のヨコ書きはこっち)
 
 
 
 




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ☆名作選





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です