ボントクタデ 牧野富太郎

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は牧野富太郎の「日本で最大の南天材」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
牧野富太郎は植物学者で、この随筆とwikipediaを同時に読むとミラクルにおもしろいんですけど、今回はタデの話しです。『たで食う虫も好き好き』ということわざがあって、子どもの頃これをおぼえてしょっちゅう使っていたんですけど、そのタデなんです。もう何十年も『たで食う虫も好き好き』というのは、田んぼにはいろんな虫がいるので、その恋愛や趣味も人それぞれ、だと思い込んでましたが、じっさいには、たでのように苦い植物を好きこのんで食う虫も居るんです、という意味らしいです。

 
植物は、人間にとって食糧だったり、空気や環境の調整役だったり、服だったり、美そのものだったり、毒や薬や幻想だったり、デザートだったり、パフュームだったり、科学に役立ったり文学の中心にあったり、いろんな意味があると思うんです。
 
 
牧野富太郎はボントクタデを見ながら言葉の歴史を考えてみたり、句作をしてみたりするんです。wikipediaによれば「ポンツク」というのは方言で「間抜けな所があるが、愛嬌があって憎めない人」という意味らしいです。これが地方によってはボントクとかボンクラとか呼ばれることもあって、ボントクタデ。タデはおしなべてカライ。しかしボントクタデは、タデなのにカラくない。それでボンクラタデとかボントクタデと言われているそうです。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/letters/shokubutsu_bontoku.html
(約3頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 
  
 
 
 
          (横書きはこっち)
 
 
 




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ☆名作選





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です