魂を刳る美 北大路魯山人

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は北大路魯山人の「魂をえぐる美」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
谷崎潤一郎の陰翳礼賛を読んでいるところで、他の作家がどう美について記しているか、ちょっと探してみました。これは、もっとも言葉を必要としない陶芸……その作り手である北大路魯山人の随筆なんです。魯山人の原文はこうなんです。
 
 
  陶器だけで美はわからぬ。あらゆるものの美を知って、それを通して陶器の美もわかる。そして本当にわかるということは、本当にそのものに惚れることである。
 
 
すてきな内容だなあと思って読んでたんですけど、気になったので、内容を変えて読んでみたんです。取り替えっこをしても、やっぱりちゃんと読めるんですよ。こういう改編文になりました。
 
 
  一人の作家だけでは、文学はわからぬ。あらゆる文学を知って、それを通してその小説の美しさもわかる。そして本当にわかるということは、本当にそのものに惚れることである。
 
 
こんな文章を書いてみたいもんだと思いました。魯山人は陶芸と美についてだけ、この随筆に記しているんです。でもなんだか、他のことをも論じているような気がしました。
 
 
魯山人は、優れたものばかりを扱う店では、誰でも良いものを選べると言うんです。まさにそうだなと思ったんです。ゲーテとか漱石とか、極めて優れたものは、ちゃんと時間さえあれば、誰が読んでも素晴らしさを発見できると思うんです。でもふつうのものの中からほんとうに良いものを発見するには優れた眼が必要になって、それができるのはまさに正真正銘の詩人か評論家だけだと思うんです。
 
 
こういう魯山人の言葉もありました。
 
 
  鍋島、柿右衛門には工芸美術的なよさはあるが、精神力には欠けている。そこへ行くと古九谷には道楽気があって、芸術味が含まれている。無我夢中になってやった仕事には魂が入っている。
 
 
随筆のオチがまた素晴らしかったです。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/letters/tamashiio_eguru_bi.html
(約5頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 
 
 




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ☆名作選





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です