陰翳礼讃(3) 谷崎潤一郎

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は谷崎潤一郎の「陰翳礼讃」その3を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
今回は、和洋の趣味のちがいとか、生活様式の差について、谷崎潤一郎が論じています。
 
 
江戸時代の和算のように、日本独自の科学や電化製品があったとしたら……という想定がおもしろかったですよ。韓国の暖房はまさに、21世紀に於いてもオンドルが利用されている。これは西洋の技術と言うよりも、韓国独自の技術ですけど、日本の場合は、やっぱり炬燵こたつとミカンかなあ、とか思いました。
 
 
現代日本では天井裏とか壁の奥に、暖房と冷房ができるクーラーが完備されていて、完全な和室に見える、暖かい部屋が完備されていたりする。
 
 
谷崎は青いインクに西洋のペンというのが、どうも満足ゆかない。墨汁と筆の現代版が無いのはなぜだ、というようなことを書いています。もしかしたら、谷崎潤一郎の「陰翳礼賛」によって、筆ペンが誕生した遠因が出来たのかもしんない、と思いました。
 

谷崎は、道具ってすっごい大事だぞと言います。たしかに安物の電気ストーブでは体調を崩しやすいし……。谷崎はこう書きます。
 
 
  …………
  いや、そればかりでない、我等の思想や文学さえも、或はこうまで西洋を模倣せず、もっと独創的な新天地へ突き進んでいたかも知れない。かく考えて来ると、些細な文房具ではあるが、その影響の及ぶところは無辺際に大きいのである。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/letters/ineiraisan03.html
(約5頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 
 
 




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ☆名作選





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です