ハイネ詩集(9)

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は生田春月訳の「ハインリヒ・ハイネ詩集」その9を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
萌え、という言葉は20年前くらいに使われ始めたようなんですけど、やはり近代文学でも「萌え」という言葉が用いられています。ちょっと調べてみると、古典で使われていた本来の意味は「きざす」「芽ぐむ」という意味で、現代で言われているような「登場人物への好意・恋慕」という意味は古典では出てきていないんですけど、じつは生田春月は、ちょうどその中間というか、どちらかというと現代用語としての「萌え」を先取りして記しています。
 
 
「春がやつて来ていろんな花がひらくとき」に「愛のおもひが萠え出した」と生田春月は訳します。現代アニメのイメージの先鞭を100年前につけていたのはじつはこの頃の近代文学の作者たちかもしれない……。このあと「いろんな小鳥がうたふとき / こひしい人の手をとつて / わたしは燃ゆるおもひをうちあけた」と続きます。ちょうど古典文学と現代アニメの中間の所にいるのは、ハイネと生田春月なのかなあ、と思いつつ読みました。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/letters/heine09.html
(約50頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 
 
 
全文通読はこちら
 
                    ヨコ書きはこっち




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ☆名作選





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です