ハイネ詩集(11)

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は生田春月訳の「ハインリヒ・ハイネ詩集」その11を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
今回、蓮の花が登場するんです。日本における蓮のイメージと、なんだか違う感じがする。そういえば印象派のクロード・モネが睡蓮の池を描いている。蓮と睡蓮はちょっとちがうんですけど。ハイネは蓮の花を、月夜が似合う美しい存在として描きだします。それからライン川のことを書いています。
 
 
おまへの顔さへ見てをれば/わたしはうれしい王様のやうに という男独特の感性を描きだした、恋愛の詩がちょっと生々しくておもしろかったです。今回のは、ハイネの魅力が詰まった詩なんです。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/letters/heine11.html
(約1頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 
 
 
全文通読はこちら
 
                    ヨコ書きはこっち




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ☆名作選





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です