ハイネ詩集(12)

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は生田春月訳の「ハインリヒ・ハイネ詩集」その12を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
ハイネは、歌歌いのための詩を数多く書いた詩人なんです。今回、そのことを詩にしている。ハイネは意外と自分のことを詩にしたためるんだなと思いました。直球の詩が多いような気がするんです。
 
 
専門用語の意味をそれぞれちょっと調べてみました。 カンツォーネ ソネット スタンザ
 
 
ところで、テルツォネというのは現代では使われていない専門用語なんですが、調べてみるとこれは、テンツォーネ(tenzone)というイタリア語で、ソネットなどによる韻文による議論、のことらしいです。ダンテがテンツォーネ(tenzone)を書き残している。
 
 
「詩人はとてもつくれない」で結ばれる詩に、とてもユーモアがあって楽しく読んだんですけど、ゲームや映画がつくれる感動と、現実にしか存在しない感動とのちがいをみごとに解き明かしているように思えました。
 
 
やはりハイネも、ゲーテと同じく、ギリシャ神話から詩のヒントを得て描いている。ハイネはゲーテにも、そしてパリでマルクスとも出会っているんです。
 
 
マルクスとハイネは2人とも、自分たちの政治的言論で国から追放されて、パリで自由を求めた。ハイネは詩とパリにその後ずっと生きて、マルクスは革命にひた走って自由の国パリからも出てゆかざるを得なくなった……すごい時代だなあ……と思います。
 
 
むつかしい言葉を調べてみました。
 
 
恕す
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/letters/heine12.html
(約1頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 
 
 
全文通読はこちら
 
                    ヨコ書きはこっち




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ☆名作選





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です