卍(まんじ) 谷崎潤一郎(1)

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は谷崎潤一郎の「卍 まんじ」その1を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
今回から、6回くらいかけて谷崎潤一郎の代表作を読んでみようと思います。谷崎の小説を読むのが僕ははじめてなので緊張するんですけど、読んでみるとするすると読める作品で、谷崎潤一郎は漱石文学を崇敬しているんですけど、そこから現代的に、小説を進化させた作家のように思いました。森鴎外や樋口一葉のような難読性はないので、物語自体に引き込まれます。
 
 
美しい関西弁で紡がれるんですが、手紙文や会話文のような、主人公の一人語りで物語が展開するんです。ある既婚の女が先生に告白をしている。主人に内緒で不倫をしていた……。ただ深い仲というわけでもなかったんですが、その相手が忘れがたくて、悶々としている女がいる。「ええことない男やった」という記述が印象的でした。その女が、社会人も自由に入れるような、ある女学校に通いはじめた。絵画を学習中に、デッサンをしていてふと、彼女は光子さんという人を無意識に描いていた。
 
 
彼女はどうも、恋に吸い寄せられる人生のようで、急にこの光子さんにたいして気持ちが入ってしまった。恋の依存症になっているようなんですが……。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/letters/manji01.html
(約10頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 
 
 




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ☆名作選





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です