秋と漫歩 萩原朔太郎

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は萩原朔太郎の「秋と漫歩」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
秋になったので、萩原朔太郎のこの随筆を読んでみました。萩原朔太郎は友だちづきあいや旅行をしないかわりに、つねづね散歩をしているのだそうです。あ、そういうことは、自分も出来るなあと思うんですが、ぼくの場合は目的があるときか、図書館にでも行く時にしか外を歩かないんですけど、萩原はつねづね散歩をしている。正確には散歩じゃなくて「終日戸外をほッつき廻ってい」て「行く先の目的もなく方角もなく、失神者のようにうろうろと歩き廻っている」のだそうです。
 
 
それは文学的散策で、瞑想にふけりつつ歩くのだそうです。だからつねに野外にいる萩原朔太郎は、真夏や真冬が苦手で、身に沁みて秋が好きであると……。萩原朔太郎はこう記します。
 
 
  ポオの或る小説の中に、終日群集の中を歩き廻ることのほか、心の落着きを得られない不幸な男の話が出ているが、私にはその心理がよく解るように思われる。
 
 
またこうも記します。
 
 
  戸外の漫歩生活ばかりをする私は、生れつき浮浪人のルンペン性があるのか知れない。しかし実際は、一人で自由にいることを愛するところの、私の孤独癖がさせるのである。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/letters/akito_manpo.html
(約10頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 
 
 




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ☆名作選





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です