ハイネ詩集(17)

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は生田春月訳の「ハインリヒ・ハイネ詩集」その17を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
ハイネの詩を読んでいて「ここおもしろい」と思う箇所があるわけなんですけど、それはおそらくハイネの生きたドイツとパリでは、まったく違うように受け入れられていたんだろうなと思ったんです。
 
 
「わたしの心を二つに切つて」という詩句が記憶に残る作品で、これは朗読する人によって印象が一気に変わる気がするんです。ジェームズ・ステュアートが朗読すれば甘い恋の物語になるでしょうけど、ストーカー男を演じる俳優がこの詩を詠んだなら、古典的なホラー映画になってしまいそうで、マルクス兄弟がこの詩を歌ったらコメディーになる……そういう奇妙な変化が起きそうな、詩なんです。ハイネはこう記します。
 
 
 わたしはどうしても忘れない
 わたしの愛したかはいゝ女
 
 
つづきは本文でご覧ください。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/letters/heine17.html
(約1頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 
 
 
全文通読はこちら
 
                    ヨコ書きはこっち




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ☆名作選





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です